文字の大きさ変更

言語選択

RSS購読

特許/新案

patent
簡易削孔システム

軽技さっくん

軽技さっくんの概要

ovrview

近年では、地球環境の変化に伴う降雨強度の増加や豪雨の局地的集中化によって、自然傾斜や切土・盛土のり面の崩壊が多発しており、地下水排除工の重要性はこれまで以上に高くなっております。

地下水排除工の代表的工法である横ボーリング工は、ロータリーパーカッション式ボーリングマシンによる施工が一般的ですが、機械の設置スペースが確保できないために施工できない、機材の運搬が大掛かりとなり施工期間が長くなる、さらにはそれに伴って経費増となる等の課題があります。

簡易削孔システム「軽技さっくん」は、設置スペースが狭い場所やボーリングマシンの運搬が困難な場所、さらには斜面災害現場のように緊急性が要求される場所等において、30m程度までの長さで計画される横ボーリング工の削孔方法として考案された新工法です。

「軽技さっくん」は、小型で軽量な器具を組み合わせたシステムであるため、人力による運搬が可能で、幅1.2m×長さ2.0m程度のスペースでの施工が可能であり、システムの仮設も短時間で済むため施工費も安価である等の特徴を有しています。

なお、「軽技さっくん」を高速道路の保全技術として有効活用し、高品質な保全業務を協力して推進していくことを目的として、「株式会社ネクスコ・メンテナンス東北」と技術業務提携に関する協定を締結しております。

地下水を逃さず排出

波形集水パイプ

波形集水パイプの概要

ovrview

地すべり対策工事の集水ボーリング保孔管、地下暗渠(あんきょ)に有効で、従来のVP,GPを使用したストレーナーパイプに比較して格段の集水効果を発揮します。

従来の集水管は

・正円筒形であり、集水能力が低く、水圧がない場合むしろ地下水をはねのける

・満水状態では地下水の流路となり得るが、崖錐性斜面、破砕帯、亀裂形成地帯においては、集水した地下水がパイプのストレーナーから再流出する。

といった問題点がありました。

波形パイプは、波形外面によりパイプ自体が地下流水路となり集水ストレーナーへの流入を増大させ、波形内面によりストレーナーの無い地下流水路を形成する為、パイプ外への再流出が防止されます。

亀裂発達斜面、崖錐性斜面、破砕帯で大きな効果を発揮します。

お問い合わせ

contact
0182-32-3475
8:30 〜 17:30(土・日・祝日休み)
0182-33-1447
8:30 〜 17:30(土・日・祝日休み)