文字の大きさ変更

RSS購読

「斜面防災対策技術フォーラム’19」in松江

研究・開発関連

10月17日に島根県松江市 くにびきメッセ(島根県立産業交流会館)で開催されました

「斜面防災対策技術フォーラム’19」in松江に参加してまいりました。

 

技術発表会では弊社技術部 伊藤 啓太が発表し最優秀発表者賞をいただきました。

発表内容の詳細は下記の通りです。

 

タイトル:互層状の堆積軟岩が分布する重要史跡内の道路斜面崩壊解析

 

                        伊藤 啓太(発表者)

                        栗山 大助

                        安藤 翔平

                        林  一成

                        藤井  登

 

概要:平成30年豪雨により,海岸線に隣接する標高100mにも及ぶ美しい互層をなす大露頭で幅7~36m,長さ12~27m,総崩壊土砂量1,600m3に渡って斜面崩壊が発生し,土砂は国道に到達した。

本発表では,崩壊の素因となった地形・地質構造や斜面を構成する砂岩・砂質シルト岩の岩質特性、並びに崩壊メカニズムについて報告する。

また,国指定の重要史跡内にある斜面の保全と道路災害防止の双方を満足させる洞門構造の対策範囲の設定を目的として実施した斜面上部の不安定土塊に対する崩壊シミュレーション解析結果についても紹介する。

お問い合わせ

contact
0182-32-3475
8:30 〜 17:30(土・日・祝日休み)
0182-33-1447
8:30 〜 17:30(土・日・祝日休み)